いつも美容院の先生に「髪が多いねえ。」と言われカツトの度に髪を削がけていた学生時代。 ところが、合成シャンプーで洗い、オシャレで髪を染め初めて10年経った頃から何も言われなくなる。 それからさらに数年後には額の鬢の所の毛が薄くなり、肌が透けて見え始めた。特に光が当たると良く解る。女性なのに薄毛? 私の父はハゲ! ハゲは遺伝? 女性の場合は関係ないけれど ? ? ?

急に薄くなったので親の方が慌てる。 高い養毛剤を買ってはくれたが、男性用品のような匂い。男性用とは書いてないけど ? ? ? 使っていいのかしら ? ?  「この勢いで髪が減ったら未来は女性用の鬘のお世話になるかも知れない。」と思っただけで目の前は真っ暗。「短くショートに切ったら少しは毛根に負担がかからないかなあ。」とも考える。でも、切るのは惜しい。

そこて゛思い切って石けんシャンプーに変えてみる。 私の髪はロングの上、軽く茶色に染めているという最悪の条件。 最初石けんシャンプーに慣れるまでは少し戸惑ったが「髪を増やすため、肌が痒くならない為。」と思い使い続ける。使い始めは髪が痛んでいる事もあって洗うとギシギシ感があったり、石けんカスが残ったりと正直辛かったけれども、1回洗うごとに調子が良くなり、3ヶ月過ぎたころには石けんシャンプーに変えて良かったとしみじみ思えるようになる。

それから数年たった私の髪の毛について「髪が太くなる。と言うよりは本数が増えたようだ。」と言うのが母の感想。 一般的には「石けんシャンプーを使用し続けると髪が太くなり、こしが出てつやが良くなり、本数が増えるため、生え際の毛も濃くなり始める。」と言われている。私の知人は綿のような毛だったのが1年の間にフサフサ、サラサラの毛になっていたので驚いた。 別の知人は部分的にあった癖毛が直毛になっていたが、「石けんシャンプーしか原因が考えられない。」と言う。 髪自身が健康になるため「パーマやヘアダイの回数が減る。」という頭皮にとっては真に嬉しい環境が生まれるようだ。 女性のみならず、男性も薄毛に悩む前に是非一度石けんシャンプーにチャレンジされると、人生、変わるかも。。。 強い風の吹く日も怖くない ! ! !






   

体験談のトップページへ戻る